当院は「新型コロナウィルス対策」をしております

koronataisaku

ゴールデンウィークですが、新型コロナウィルスでステイホームが続いています。
新型コロナウィルス対策として当院では以下の対策を行っています。

ご利用者の方と対応するときは使い捨てマスクを使用しています。
そのマスクですが、今も薬局ではなかなか手に入りません。
やっとネットで購入ができるようになってきましたが、それも簡単には手に入らない状態です。
ですので日常生活では洗って使える水着用のマスクを使用しています。

そのマスクですが塩マスクというのをご存知ですか?
韓国人のチェ教授が「塩マスクでコーティングされた塩の結晶のとがった部分がウィルスの膜を攻撃して破壊する」という研究が発表されています。

さっそく洗えるマスクで試しています。塩マスクの作り方はとても簡単です。
5%程度の塩水(海の塩)に洗えるマスクをつけてもみもみして軽く絞って乾かすだけです。
よかったら試してみてください。

みなさまもいろいろとコロナ対策をされていると思います。
知り合いの方から教えていただいた対策のひとつを紹介します。
「常に口とのどを濡らして、絶対に乾燥した状態にしないこと。15分毎に水を一口飲むのが良いそうです。ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。水分をよく取らない場合は、ウィルスが気管支から肺に進入してしまいとても危険です」
こちらもぜひ試してみてください。

さて、6月7日(日)に開催の「第6回信州安曇野ハーフマラソン」は新型コロナウィルス感染拡大に対する安全面を最優先に考え開催中止となりました。

当院開業以来6月の第1週の日曜日には「信州安曇野ハーフマラソン」でお灸の出展参加をしてきました。
とても残念ですが、来年はぜひ開催できることを願っています。