touinnirasutoよくあるご質問です

 

<鍼灸治療について>

Q 鍼(はり)は痛くないですか

A 髪の毛の太さくらいの0.14ミリ~0,18ミリの細い鍼を使用していますので、痛みはほとんどありません。鍼を刺す深さは疾患や体格によって違います。当院は最初に座った状態で腕に1本浅い鍼を呼吸に合わせて刺し、自律神経を整えてから行っています。その折にご自身で鍼を刺す様子を見ることができます。

Qお灸(きゅう)は熱くて痕が残りませんか

A お灸は直接灸でなく間接灸であれば熱くありません。とても心地良い温かさがあります。ソフトなお灸もあり症状に合わせて温熱の強さを変えることもできます。もしお灸をしていて熱く感じられたときは我慢をせずにお知らせください。

また、台座灸や知熱灸(熱さを感じたらもぐさを取り除く)での施灸では痕には残りません。また、火を使わないで衣類の下に張ることができる灸もあります。当院ではお灸のセルフケア指導もしております。

Q 鍼での感染の危険はありませんか

A 滅菌済みのディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。鍼を置くパレット(皿)も1回限りの使い捨てです。

施術前の鍼灸師は消毒をしてから鍼を使用しています。また鍼を刺す前後に身体部位に消毒しています。感染予防のため常に施術室は清潔を心がけています。

Q 鍼灸治療は効果があるのですか

A ツボに鍼や灸で施術することで、その刺激が免疫力を高め、自律神経に作用して、人が本来持つ自然治癒力を高めてくれます。1979年にWHO(世界保健機構)では鍼灸の適応疾患として43疾患の効果が期待できると発表されています。詳細は『適応疾患一覧』をご参照ください。

<体の状態や症状について>

Q 鍼灸治療を受けて後に副作用はありますか

A 初めて鍼灸治療をされた後に、だるさや眠気を感じることがあります。また、症状が一時的に悪化することがあります。これは「瞑眩(めんげん)反応」といって症状が回復する過程で起きる好転反応といわれています。そのため刺激量を調節して少ない鍼や灸で対応しています。

また疲労や睡眠不足といったその日のお身体の調子や体質によっても症状が悪化することがあります。治療されてすぐの食事・飲酒・運動は避けていただき、早く就寝されてお身体を休めてください。

Q 治療した日は、入浴してもよいですか

A 治療により血流が改善されているので、さらに血流をよくする入浴は数時間を経過した後にご入浴ください。ただし、温灸器を使用した場合、注熱時間の効果がなくなる6時間~8時間はお控えください。シャワー浴は問題ありません。

Q 生理のときでも治療は受けられますか

A 受けられます。肩こり、生理痛、不眠、手足の冷え、むくみ、倦怠感などの症状にも鍼灸治療は適応します。

Q 妊娠中でも治療は受けられますか

A 受けられますが、とくに妊娠20週までは避けた方がよいです。肩こり、腰痛、頭痛、イライラといった不定愁訴やむくみや逆子治療にも対応しています。

<利用料について>

Q 健康保険は利用できますか

A 自費診療のみにさせていただいています。健康保険は限られた疾患のみで、同じ疾病での他の医療機関との併用ができず、医師の同意書をお持ちいただかなければならないため、当院では取り扱っておりません。ただし、鍼灸治療については医療費控除の対象になります。領収書は大切に保管されて確定申告時にお役立てください。

Q 支払い方法でカードは使えますか

A カード支払いはしておりません。現金のみでの取り扱いになります。

Q 割引はありますか

A 初回ご利用時や来院時の次回ご予約、特別割引の割引があります。また、お得な回数券もご用意しています。詳細な割引については施術メニューの「割引プラン」をご覧ください。

<利用方法について>

Q 何回くらい来院すればよいですか

A 回数は病気の状態や身体の痛みの程度によって違います。急性疾患の場合は症状が改善するまでは週2~3回をお勧めします。慢性疾患や体質改善であれば週に1回、健康管理であれば月に1回程度を目安にご来院ください。

Q 出張治療はしてくれますか

A 原則出張治療はしておりません。ただし、ご家族の中で、治療院に来られない高齢の方や通院できない理由で、当院の近くであれば対応させていただく場合があります。まずその折はメールかお電話でご相談ください。