銀座お灸ルームにて『お灸教室&お悩み相談』で

参加日:令和元年6月9日
場 所:せんねん灸銀座ショールーム
時 間:11時~17時
内 容:『お灸教室』&個別の『お悩み相談』のアドバイス
★6/9銀座せんねん灸銀座ショールームで、せんねん灸セルフケアアドバイザーとして『お灸教室』と個別の『お悩み相談』に参加致しました。詳細はこちらです。

おきゅう体験「もぐさを作ってみよう!」

開催日:平成31年4月20日 令和元年6月15日
時 間:午前10時(4/20)午後1時(6/15)  同じ内容で約1時間半
内 容:実際にもぐさを作って自分のおからだにおきゅうをします
人 数:各回2名
参加費:1,500円
※駐車スぺ―スは2台可能です。
★4月20日と6月15日におきゅう体験「もぐさを作ってみよう!」を開催しました。

「おきゅう 出展」

開催日:平成31年3月3日(日曜日)
時 間:午前11時~午後3時
場 所:信毎メィデアガーデン1階ホール
内 容:お灸の出展

★3月3日に松本の信毎メィデアガーデン1階ホール「講師EXPO☆2019~可能性広がる×つながるフェス~」にてお灸の出展をしました。

「おきゅう セルフケア 冷え性改善編」

予約受付終了致しました。
•開催日:平成31年1月20日(日曜日)
•時 間:午前11時・午後1時・午後3時 どの回も同じ内容です。時間は約1時間です。
•人 数:各時間1名様(ご家族やお友達と一緒の参加もOKです)
•参加費:2,500円(手作り玄米スープ、おきゅうのお土産付き)
※LINEでお友達登録をしていただいた方は1,500円になります。
•駐車場:駐車2台可能
•内 容:
女性の症状に多い冷え性。東洋医学では気や血の滞りや不足が原因といわれています。1月20日は「大寒」(1/20~2/3)。一年のうち最も寒い時期です。おきゅうをして冷え性を改善して元気に冬を乗り切りましょう。

★1月20日に「おきゅう セルフケア 冷え性改善編」を開催しました。
その折に参加者にお出しした玄米スープの作り方はこちらをご覧ください。

【おきゅう体験コース】開催! 

  • 開催日:平成30年10月28日(日曜日)
  • 時 間:午前10時 午後1時 午後3時 午後5時の4回 どれも同じ内容で時間は1時間
  • 人 数:各時間限定 2名様(ご家族やお友だちと一緒の参加もOK!)
  • 参加費:1,500円(お茶とセルフケアのおきゅうお土産付き)
  • 駐車場:駐車2台可能
  • 内 容:
    ①おきゅうが初めての方や苦手な方におきゅうの効果やツボの取り方をアドバイス。
    よもぎを使っての“”もぐさづくり”体験。
    ③セルフケアを実際に体験。自宅でのセルフケアをアドバイスします。
  • 参加方法:LINE@でお友だち登録していただくか、電話(0263-75-9155)かメールでご予約ください。
    お名前・希望時間・日中連絡できる電話番号(LINEでの予約の方はLINEでお知らせ致します)をお知らせください。
    ※当日は肘から下と膝から下におきゅうができる服装でお越しください「おきゅう体験コース」を10月28日に開催しました。
    参加された方の感想(来院者のお声)をいただきました。

★7月9日、地域のデイサービスでお灸教室開催のプレ説明会を行いました。

★7月8日、『第3回せんねん灸セルフケアの森感謝DAY』に参加しました。

★平成30年6月3日、『第4回信州安曇野ハーフマラソン』におきゅうの出展。おきゅうの実演と販売をしました。

 おきゅうについて

ひと昔前まで、自宅でおきゅうをすることは一般的なことでした。
おきゅうといえば「熱い」「痕(あと)が残る」というイメージがあります。

本格的な治療効果を期待するなら、おきゅうを直接肌にすえる『直接灸』がよいでしょう。
ただし、『直接灸』であれば「熱さ」や「痕が残る」こともあります。

しかし、ご自宅でするセルフケアであれば、『直接灸』でなくてもだいじょうぶです。
熱くなく、痕に残らない『間接灸』を使用してもかなりの効果が期待できます。

おきゅう教室では『間接灸』である「台座灸(だいざきゅう)」を使用します。

最近では「おきゅう女子」や「おうちおきゅう」という言葉もあり、おきゅうのよさが見直されています。
おきゅうで身体を温めると、体の不調を整えて症状を改善して、美肌効果も期待できます。
お灸教室では、テーマにそった症状に効果のあるツボのアドバイスもしていきます。
また、安全におきゅうをすえる方法もお伝えしていきます。