セルフレジ&セルフケア

先日セミナー参加のため東京に出かけました。
自宅からの移動には、ほとんど車と高速バスを利用しています。

高速バスは、いつもバスタ新宿(正式名称:新宿南口交通ターミナル)に着きます。
そして、このバスタ新宿に来ると必ず寄るところがあります。

南口にある高島屋の隣りにある東急ハンズ新宿店です。
2階から8階まであって、家電やインテリア、生活雑貨、健康関連グッズ、パーティグッズなどを販売しているホームセンターです。
この時期は春の訪れを感じさせる商品が並んでいます。春の訪れ私のお気に入りは、8階にある「ステーショナリー デザイン工房」です。
読書や事務・デザイン・店舗などの用品、システム手帳、ダイアリー、額・フレーム、印章、アルバム、レターやシール、和紙など豊富な種類が置かれています。
上の写真は消えるボールペン。
ボールペンで書いた字を消すことができます。
色やデザインがたくさんあります。
いつも豊富な品揃えで感心してしまいます。

マスキングテープも人気でコーナーも広い。
その中にちびまるこちゃんのマスキングテープもありました。

下の写真はお菓子のマカロン。
ではありません。
マカロンの形をした付箋(ふせん)です。
高級和菓子のマカロンには「特別な人」という意味があるそうです。
ホワイトデイに男の人がマカロンを贈るのもうなづけます。

とにかく、8階だけでも一日いても飽きません。
といっても今日は時間がないのでいくつかの買い物をしてレジへ。
レジではいつも人が並んで混んでいますが、今日はこんなものが目に留まりました。

なるほど。
商品をレジスタッフに渡して商品登録をしてから、支払いと袋詰めをするのはセルフサービスということです。
これだと待つことなく精算ができて時間の節約になります。

この頃、セルフレジの機会が増えています。
スーパーの買い物もレジが混んでいるときは、自然にセルフレジに。
最初はバーコードが上手にスキャンできず、苦労しましたがだいぶ慣れてきました。
頭と手を使うので頭の体操になっています。

実は今まだ慣れていないセルフレジがひとつあります。車の給油のセルフサービスです。
何度かしているのですが、電子マネーを使ってのセルフレジはまだよくわかっていないので手間取っています。

昔は郵便局や銀行での振り込みは、郵便局や銀行の人がしてくれていました。
セルフサービスの導入のころは、自分で面倒な振込手続き方法を覚えて手数料まで取られて自分でするなんてと思っていました。
でも今はほとんどの方が当たり前のように振り込みを難なくセルフで行っています。

ということで、セルフつながりで当院のセルフケアについてちょっとお話します。
実は当院では施術後に火の出ないおきゅうをご来院いただいた方に、ご自身でしていただいております。

最初の頃は、ツボの位置をアドバイスしてご自身の手でツボの位置を探すのに時間が掛かっていました。
しかし、慣れてくるとおきゅうを渡すだけで、さっとツボを見つけてセルフケアを実践していただけるようになっています。
意外に難しそうに思えたおきゅうのセルフケアも、自分でしているうちに簡単にできるようになります。
これからも来院された方にセルフケアのよさと大切さをお伝えできたらと考えています。