有料老人ホームの鍼治療

千葉県にある介護付き有料老人ホームに見学に行ってきました。
北欧風の建物でホテルのようです。

昨年、アジア・太平洋地域最大の高齢者ケアサービスのコンペティションで、最優秀施設賞を受賞した施設です。
介護が必要になっても認知症になっても個別ケアで生活の質を守るのがこの施設の基本理念。スウェーデンケアを取り入れたこの施設では、看護師は24時間常駐しています。
利用者に合わせて看取りまで対応。
入居者1,5人に対して職員が1人以上の人員を配置しています。
大きな窓と明るく開放感のある広い個室。
浴室はひのき風呂です。
デイサービスでは、廊下に手すりをつけずに杖や歩行器を使い自立できるようにしています。
入居者への配慮と工夫がされていました。
実はこの施設では、脳卒中後遺症や認知症の方に週1回鍼治療をして成果を上げています。
今回、その鍼治療の見学と実際治療をされている入居者の方のお話を伺いました。
そして、これからの超高齢社会に、鍼灸治療は貢献できる医療だと改めて感じました。今、鍼灸治療は注目されています。
来年1月にNHKで鍼灸の番組が放送予定です。
番組についての詳細は、またブログでお知らせしたいと思います。