休耕田の紅ハス

まだまだ暑い日が続いています。
昨日、夏の花であるハスを見てきました。

自宅から車で3分。
場所は、県立こども病院から東側に行ったところにあります。
田園風景の中にぱっと華やかな紅ハスが咲き誇っています。

休耕田で鑑賞用として6月から9月までの間に約1万本咲くそうです。

見ごろは7月中旬から8月中旬ごろです。

ハスの花はとても短い命です。
開花から3日から4日で散ります。
開花2日目の朝7時から9時がいちばんの見ごろ。午後には花が閉じてしまいます。

ミツバチが忙しく働いています。

ところで、ハス(蓮)とスイレン(睡蓮)の違いがわかりますか?
わたしはよく分かっていませんでした。

ハス
花は水面より上に咲く。
葉は円形で切れ込みがなく、水をはじく。光沢がない。
根はレンコンになって食用になる。

スイレン
花は水面に咲く。
葉は円形で切れ込みがある。水をはじかない。光沢がある。
根は食用にはならない。

ハスの花のエキスにはなんと美白効果があるそうです。
おしべから抽出したエキスが、肌荒れや紫外線によるダメージを予防。
メラニンの生成を抑えてシミを防いでくれます。
抗酸化作用で、老化予防に効果が期待できるそうです。

ハスは花が枯れた後に「花たく」が大きくなり、その中に実を付けます。
ハスの実は、ビタミンB1・カリウム・カルシウム・食物繊維が豊富です。
トウモロコシのような食感だそうです。

まだ暑さは続きそうですが、今日は「立秋」。
暦の上では秋です。
これからは、季節の挨拶は「残暑見舞い」になりますね。