豪雨の中の大阪行き

先週の土曜日から今週かけてセミナー参加のため大阪に行ってきました。
松本から大阪へはバスで行く予定でした。
ところが、西日本を中心とした豪雨のため、バスは運休してしまいました。

そこで、一度東京にバスで向かい、そこから新幹線で大阪へ。
新大阪駅より西は運転を取りやめていて、再開の見通しは立っていませんでした。
下の写真は7日の駅の掲示板です。

待合室は人であふれていました。
このまま一晩待合室で過ごすのでしょうか。
一夜明けて、亡くなられた方や行方不明者が増えて被害が拡大しています。

下の写真は8日の掲示板です。

運転は再開されましたが、豪雨による被害はまだまだ続きそうです。

午後からのセミナーは、なんとか中止にならずに開催されました。
ほっとしましたが、天候不順は続いています。
セミナー参加者は西日本の方が多く、交通機関を変更して参加されていたようでした。

実はセミナー中、ちょっと地震がありました。
ちょうどその時はグループ発表で、質疑応答の途中でした。
「あっ、地震だ!!」
誰かが叫びました。
場内が一瞬凍り付きました。
誰もが先月の大阪を中心とした大きな地震を思い起こしていたと思います。

しーんと静まり返った場内に緊張が走ります。
しばらくして、司会の方が落ち着いた口調で
「今のは自然が答えてくれました」
そういえば今は質疑応答の時間でした。
その言葉を聞いて参加者たちから笑いがこぼれ、なごやかな雰囲気に戻りました。

セミナー終了後、大阪は少しお天気が回復。
せっかくなので、セミナー会場近くの大阪城公園を散策しました。
大雨や地震という自然の脅威を感じた数日間でした。
大阪城の真上に広がる雲は、豪雨の影響のためでしょうか。
今まで見たことのないような雲で、なぜかとても美しく感じられました。

それから、地下鉄に乗って梅田の高速バス乗り場へ。
その途中、地下街で見た風鈴が、慣れない土地で一日緊張した心を和ませてくれました。

そして、今度は大阪から松本まで、無事にバスで帰途に着くことができました。