りんご畑

ショートステイを利用することになった母を新しく利用する施設まで送って行きました。

道の途中にはりんご畑がたくさんありました。
場所は安曇野市の三郷。りんごの産地です。

信州に引っ越してきて初めて実物のりんごの木を見たときには感動しました。
「ああこうやってりんごはなっているんだ」と妙にうれしくなり、何枚も何枚も写真を撮ったことを覚えています。そういえば静岡に住んでいた時、自宅にあった大きな夏みかんの木を見て、親戚の人が初めてみかんの木を見たといって感動していました。
今ではりんご畑はすっかり見慣れた光景になってしまいました。

りんごの生産量では長野県は青森に続いて第2位です。
では長野県を代表するりんごをご紹介します。
「信州りんご三兄弟」です。

・秋映(あきばえ):甘みと酸味のバランスが絶妙な県内オリジナルの品種です。果汁をたくさん含んでいてとても濃厚な味です。時期は10月上旬~中旬。

・シナノゴールド:サクサクと引き締まった歯ごたえが楽しめます。色は黄色。甘みの中にしっかりと酸味を感じさせてくれます。時期は11月上旬から中旬。

・シナノスイート:親にふじとつがるをもつりんご。シャキシャキした食感と甘みが特徴です。ジューシーさと濃厚な甘み。長野県を代表する品種のひとつです。時期は9月下旬から10月上旬。

信州のりんごは土地柄なのか蜜(みつ)が入りやすいそうです。
りんごのおしりが緑でなく、透明で黄色っぽいと蜜が入っている確率が高いそうです。

この時期はどこの物産センターもりんごの甘ずっぱい香りに包まれています。
写真にあるようにりんごは種類も豊富です。

りんごは80%は水分ですが栄養価の高いくだものです。
食物繊維がお腹の調子を整えてくれます。
風邪をひいたときはりんごをすりおろして食べています。

カリウムも豊富です。体内の余分な塩分を出してくれます。
ペクチンは体内の有害物を排出してくれます。

りんごポリフェノールは、脂肪酸合成酵素の働きを抑えて、脂肪のつきにくいからだにしてくれるダイエット効果があるようです。
また、メラニン生成を抑える働きがあるので美白効果があります。

ポリフェノールの効果をさらにアップさせるには「りんごを加熱する」方法がおすすめです。加熱することでポリフェノール吸収率がさらにアップ。抗酸化作用が期待できます。

また、リンゴに含まれるビタミンCはコラーゲン生成に欠かせない成分なので、お肌のハリや弾力を取り戻してくれる美容効果があります。

美容効果といえば、ご来院の方からのご要望があり、少し前から当院でも美容鍼灸を始めています。
11月に入って本格的に取り入れようと思いますのでぜひご来院ください。